乾燥肌 ニキビ

乾燥肌とにきびとの関係

乾燥肌のニキビに悩む

にきびと聞くと、

 

皮脂の異常発生で、余分な皮脂が増え続けることで皮膚に炎症を起こすもの

 

だと思うでしょう。

 

ですから、乾燥肌とにきびが、全く結びつかないと思う人が大半です。

 

実は、「乾燥肌のにきび」というのも、あります。

 

では、乾燥肌にきびとは、どのような過程でできてしまうのでしょうか?

 

乾燥肌ニキビが出来てしまう過程とは?

実は、お肌が乾燥を増していくことで、にきびも、出来やすい状態になるのです。お肌は、乾燥すると皮膚の角質層が硬くなってしまい、毛穴が開きにくい状態になります。通常、乾燥肌の人というのは、皮脂の分泌そのものが少なくなっているケースが多いです。ですから、毛穴に皮脂が詰まってしまうということは、ほとんど無いと考えますよね?

 

しかし、基本的には、乾燥肌の人も皮脂を分泌する能力は持っています。むしろ乾燥して硬くなった角質層のせいで、毛穴が開きにくい状態で皮脂分泌が起きれば、その皮脂が毛穴から出られず、中で詰まりにきびになってしまう、ということがあるのです。

 

いわゆる、脂性肌のにきびケア(皮脂型にきび)では、こまめな洗浄によって、お肌を清潔に保つことが重要です。ですが、乾燥性のにきび(角質型にきび)の場合、これをやってしまうと、益々お肌が乾燥してしまいます。そうなれば、皮脂も毛穴に詰まりやすくなる一方です。

 

洗顔をしっかりしているからといって、それだけでは、にきびは改善されないということです。

 

もちろん、乾燥肌に見られる角質型にきびを改善するには、お肌を清潔に保つことは、必要不可欠です。ですが、それだけでは足りません。洗顔した後は、化粧水を使って、角質に水分をたっぷり補給し、柔らかくみずみずしい素肌環境を保つことが重要なのです。

 

さらに、角質水分や皮脂膜が少なくなると、抵抗力や正常な代謝機能が衰えてしまいます。そうなると、お肌は傷つきやすく敏感になってしまうので、にきびの回復が遅くなります。

 

ですから、オイルや表示指定成分など、お肌に負担の大きい成分を含む化粧品を安易に使うことは、お勧め出来ません。出来るだけ、ご自分のお肌に合うもので、お肌に優しい美容液を使用して、お肌を保湿することが大切になります。

 

残念ながらニキビはすぐには改善できません

中には、美容液などをつけると毛穴に詰まり、やがてにきびに繋がると勘違いされている方も多いようです。ですが、決してそうではありません。お肌を保護し、外的刺激からお肌を守る役割を果たしてくれると共に、素肌環境を整えて、皮膚代謝機能を高めていくことが必要なのです。にきびは、表面だけ治しても、意味がありません。根本からにきび治さなければ、いつまでも繰り返してしまいます。このように、お肌の力が最大限に引き出せるよう、環境を整えましょう。お肌に余計な刺激は与えず、お肌のトラブルを改善し、お肌の健康を保つよう心がけることも、大切です。

 

残念ながら、にきびは、すぐにパッと改善することは、出来ません。

 

ですが、日頃から、しっかりお肌のケアをしていけば、ターンオーバーを繰り返すたびに、除々ににきびが少なくなっていきます。ターンオーバーとは、皮膚の再生周期のことをいい、平均28日を要するものです。

 

長く乾燥肌にきびでお悩みの方も、まだまだ諦めてはいけません。これから、どんどんキレイになる為に、今日から正しいスキンケアを、始めてみてはいかがでしょうか。

 

乾燥肌に限らず、にきびが化膿しているときは、お肌をやさしく洗浄した後、一旦お肌の表面を清潔にしてから洗顔後のケアをしっかりしたほうが、効果的です。また、このような場合は、洗顔後に使う化粧水にも、ポイントを置いてみましょう。抗炎症効果のある成分を含んだローションを使い、炎症を抑えるようなケアが有効であるといえます。