生理前 ニキビ

生理前になると二キビが増える理由

生理前 ニキビ

生理前になると、必ずといっていいほど、ニキビが増えることは、ありませんか?増えなくても、ニキビが悪化してしまう、という人もいるのではないでしょうか。

 

ニキビに悩む女性なら、「気付けば生理前になるといつもニキビが出来る」ということが、あるかと思います。このように、やはり、ニキビは生理と関連しています。

 

では、どうして生理前になると、ニキビが出来やすくなってしまうのでしょうか。生理前にニキビが出来やすくなるのは、ホルモンの変動があるからです。卵胞ホルモンと、黄体ホルモンという2つのホルモンの量が、生理周期と共に変動していくのです。

 

生理前には、黄体ホルモンの分泌量が増えます。生理前に増える黄体ホルモンは、男性ホルモンに似た働きをします。二キビに影響するホルモンは、実は男性ホルモンです。これは、男性だけが持つホルモンのように思われがちですが、実はそうではありません。男性は、睾丸と副腎皮質から分泌され、女性は、卵巣の黄体から分泌されるのです。

 

生理前でもニキビが出来ない人

生理前でもニキビが出来ない人は、お肌が正常に働いている証拠です。

 

逆に、お肌の正常な働きが低下してる人は、体内のバランスの崩れのしわ寄せが、お肌に出てしまっている場合が多いです。

 

これは、胃腸の働きの低下や、血液循環の不良などが原因として挙げられるほか、ストレスもまた、よくある原因です。解決法としては、バランスを崩してしまっている身体の状態を整えることが、一番の解決方法です。つまり、身体に熱がこもりにくい状態を作ればいい訳です。

 

日頃から、適度の運動するなどして、適度に汗を流し、新陳代謝を上げることも、解決法の一環といえるのではないでしょうか。

 

お肌のケアの際に、ニキビに効く化粧水を使い、お肌の状態を改善させることも有効です。また、食生活や生活習慣を改善させる必要もありますね。このように、健康的に過ごすことを意識そうすることで、お肌も正常な働きを取り戻し、生理前でもニキビなどの肌トラブルを起こさないようになります。