ニキビ痕 色素沈着

にきび跡の色素沈着

にきび跡の色素沈着は、種類によって対処法が違います。

 

時々、にきびの情報サイトなどで「にきび跡の色素沈着は、シミなので美白化粧品で治ります」のように書かれている記事を見ます。

 

ですが、実はこれ、とんでもない話なのです。にきび跡の色素沈着が出来ていらっしゃる方は、既にお分かりと思います。人によって、シミの色というのは、違います。

 

黒ずんでいたり、紫色っぽかったり、茶色だったりと、それぞれ違うのです。

 

この、シミの色の違いが、色素沈着が出来る原因の違いです。また、それぞれの対処法も、違ってくるのです。

 

茶色のシミは、メラニン色素が原因で、黒ずんでいたり、赤紫色のシミは、ヘモグロビンが原因です。このように、シミの色によって、色素沈着の原因は、違うのです。

 

色素沈着、茶色のシミを消すには

にきびの炎症が原因で出来てしまった茶色いシミ。これは、症状としては、紫外線で出来たシミと同じです。ですから、美白化粧品などを使用したスキンケアが最適でしょう。

 

では、どうしてにきび跡のシミが、紫外線のシミと同じ扱いなのでしょうか。そもそも、紫外線を浴びると、どうしてシミが出来るのでしょうか。

 

シミが出来る仕組み

まずは、その仕組みを簡単にご説明します。

 

体内にあるメラニン色素は、紫外線が皮膚内に入ったときに、紫外線から皮膚を守ろうとします。この過程で、メラニン色素が、酸化メラニンに変化します。これが「紫外線によるシミの原因」になっているのです。

 

これと同じことが、にきびが出来る過程で起こります。赤にきびと呼ばれるにきびの炎症が起きるとき、体内のメラニン色素が、皮膚を守ろうとして、酸化メラニンに変わります。

 

つまり、メラニン色素は外側(=紫外線)からの攻撃にも、内側(=にきび)からの攻撃にも、活躍するのです。ですから、茶色の色素沈着を消すには、美白化粧品が有効といえるのです。

 

ただし、ここで注意点があります。にきびが出来ているときに、美白化粧品を使うと、返って肌荒れを引き起こす原因になる場合があります。ですから、まずはお肌に合う基礎化粧品を見極めて、闇雲に美白化粧品を使うのは、やめましょう。