ニキビ 止まらない

にきびが次々と出来てしまう

「にきびが次々と出来てしまって止まらない」

 

このような悩みを抱える人は、とても多くいます。特に、大人にきびは、思春期に出来るにきびよりも治りにくく、にきび跡も残りやすくなります。

 

ですから、大人にきびを見つけたら、早めの対策をとって、予防をしましょう。

 

大人にきびの特徴

「10代は、おでこを中心出来ていたにきびが、大人になってからは、あごや髪の毛の生え際からフェイスラインにかけて出ることが多くなったい。」
これは、大人にきびの特徴の1つです。

 

さらに、大人にきびは、1原因が複雑で治りにくい、とも言われている厄介なものです。

 

大人にきびの原因

大人のにきびは、お肌の新陳代謝(ターンオーバー)が上手く出来ずに残ってしまった古い角質、油分の多い化粧品などが毛穴に溜まり炎症を起こすことが多い

 

ストレスや生理などが影響し、ホルモン分泌のバランスが乱れることで、皮脂分泌が過剰になっている

 

間違ったスキンケア方法や、油分の多い化粧品を使うことによって出来やすくなったり、悪化したりする

 

ニキビが止まらないのには、様々な要因が重なることで出来てしまいます。大人にきびは治りにくいだけではなく、にきび跡が残って肌の表面がデコボコになることもあります。また、シミの原因になってしまうこともあるので、きちんとした対策が必要です。

 

思春期にきびの原因

中学生や高校生など、思春期と呼ばれる時期に悩む思春期ニキビも、ストレスやお肌に合わないスキンケア、不規則な生活などが原因となります。皮脂の分泌量や肌質も人それぞれ、ニキビのタイプの異なりますので、今一度、普段の生活習慣や、日常生活で受けるストレス、心身の状態を振り返ってみましょう。また、それまでのスキンケア方法も、もう一度見直してみるのも必要です。

 

このように、身体のコンディションやスキンケアの見直しが、にきび改善への近道になることもあるのです。