あご にきび

あごのにきびの原因

あごに出来るにきびは、女性にとっては、外出もしたくなくなるぐらい大きい悩みになります。

 

あごににきびが出来てしまう原因には、様々なものがあります。

 

まず、「洗顔料が残っている場合」です。

 

にきびの天敵は、毛穴を詰まらせる原因を作ってしまうことです。洗顔料のすすぎ残しがあると、残った洗顔料が、毛穴を詰まらせる原因になります。

 

次に、「男性ホルモンの分泌が増えること」です。

 

男性ホルモンの分泌が増え、お肌の新陳代謝が崩れてしまうことにあります。大人に出来るにきびが、あごに多く出来るのは、これが原因だといわれています。

 

生理前やストレスなどでも、男性ホルモンの分泌が増える原因になります。

 

男性ホルモンと聞くと、男性にしかないホルモンだと思われがちですが、女性の中にも、似たホルモンが存在します。生理前は、排卵後に、「黄体ホルモン」という、男性ホルモンに似たホルモンが分泌され、その量が増えるのです。また、ストレスの原因となる、睡眠不足や食生活の乱れなども、男性ホルモンの分泌を多くさせてしまうようです。

 

さらに、間違ったスキンケア。

 

これは、女性に多くみられます。お肌に合うと思い込んで、実は合っていない基礎化粧品を使っていたり、使いすぎなどの間違ったスキンケアも、原因の1つです。寝る間も惜しむ現代人の中には、化粧をしている状態で長時間過ごすことも、増えてきているようです。

 

あごにきびの対策

あごに出来るにきびの治療法としては、汚れだけでなく、まずはきちんと、洗顔料も洗い流すことです。また、お肌を刺激するのはよくありません。洗顔の仕方も、手のひらを使って、洗顔料の泡を上手に使って、優しく円を描くように洗顔するのが望ましいようです。

 

睡眠不足も、お肌に大敵だと言われています。ですから、質のいい睡眠をしっかりとって、お肌のコンディションを、整えてあげましょう。

 

また、食生活の乱れも、お肌に大きく影響します。偏った食事の摂り方はやめて、バランスよく食べましょう。不足しがちなビタミンなども、豊富に取り入れた食生活を送るようにすると、よいでしょう。
お肌の弱い人などは、ご自分のお肌にあった化粧品を選んで使うことが大切です。使いたいブランドも、中にはあるかもしれません。ですが、お肌に合わなければ、自分自身を綺麗に見せてくれる化粧品とは、ほど遠いものになってしまいます。

 

また、化粧品なども、刺激が多いとにきびの原因となってしまいます。ですから、効果を得たいからと、大量に使うのも避けましょう。適量を使用し、洗顔などは、きちんと洗い流すことを心がけましょう。