口元 ニキビ

口の周りのにきびの原因

口の周りのにきびは「治った!」と思っても、気付くとまた出来ていたりと、かなり頑固です。

 

経験のある人ならわかると思いますが、なかなか厄介ですが、口の周りにできるにきびは、以下の様な原因があります。

 

  • 洗顔の洗い残し
  • 食生活のバランス
  • ホルモンバランスの乱れ

 

洗顔の洗い残し

まず、あご周辺の洗顔をしっかり行っても洗顔料のすすぎ残しがあると、どんなに優れたスキンケア商品を使っていても、あまり意味はありません。

 

食生活のバランス

次に、食生活のバランスが原因は、油分の多いものや、糖質脂質、炭水化物など、栄養バランスが偏った食事を毎日繰り返すことにより出来やすいにきびだといわれています。ですから、治ったと思っても、ストレスなどでうっかり暴飲暴食してしまうと、またすぐに出来てしまうのです。

 

ホルモンバランスの乱れ

また、口元のにきびは、ホルモンバランスの乱れが影響だという話もあります。排卵後など、男性ホルモンに似た「黄体ホルモン」というホルモンの増殖などにより、口の周りににきびが出来てしまう場合があります。それに、口の周りというのは、つい手で触ってしまいやすい部分で雑菌がつきやすい部位でもあるので注意が必要です。

 

口の周りのにきびの対策法

 

洗顔・肌ケア

口の周りのにきびの対策としては、第一に、洗顔やお肌のケアを、毎日きちんとする、お肌を清潔に保つのはもちろんのこと、洗顔料を残さないように、しっかり洗い流すようにしましょう。洗顔するときは、にきびをごしごし洗うのではなく、洗顔料をよく泡立てて、その泡を使って、優しく洗うようにします。

 

口の周りを触る癖のある人は、触らないように気をつけましょう。口の周りを触ることで、にきびまで触ってしまいます。手には、目には見えない様々な最近がついています。その手でにきびを触ってしまえば、細菌をにきびにつけることになってしまいます。

 

これは、にきびに細菌を付着させないための予防策となります。無意識に口の周りを触ることで、せっかく治りかけたにきびも悪化させてしまうのです。頬杖をつくのも、出来るだけ避けましょう。
このように、口の周りを触らないだけで、にきびが悪化するのを、防ぐことが出来るのです。優しくお顔を洗うのは当然のことです。ですが、あまりにもにきびがひどい場合は、洗顔料を使うことを控えることも、有効な1つの対策になります。

 

食生活

また、食生活も大きく影響します。毎日の食事のバランスに気をつけて、油分の多いものや糖分の多いお菓子などは、摂り過ぎないように気をつけましょう。他にも、ストレスや便秘なども原因の一つになりますので生活習慣にも気をつけましょう。

 

食生活

ホルモンバランスの乱れがニキビの原因の場合は、男性ホルモンが過剰に分泌されていることが考えられます。男性ホルモンの過剰分泌→皮脂分泌活性化→アクネ菌繁殖→ニキビ増えるという流れになります。病院などでは「低用量ピル」が処方され男性ホルモンの分泌を抑える治療も行われいます。洗顔や食生活、ストレスのどれも当てはまらない方は、皮膚科で相談してみると抗生剤や漢方などを処方してくれますので試してみる価値はあります。

 

いずれにせよ、口周りのニキビ対策には毎日のケアと生活に気を使うことが大切です。

 

大人ニキビ、特に口元のニキビ対策に人気なのが「草花木果」
草花木果 468×60 (120312)imp